人世の努力値をどこに割り振るか問題

雑記

自分の思考整理用。

晴れて社会人になったのに、未だにウダウダ先のことで迷ってたりする。

 

入社1年目

みなさんこんにちは。

いよいよ社畜になりました。SE見習いのまつようじです。

4月から、東京のオフィスで絶賛研修中です。

まつようじ
東京人多すぎ

 

今は独身寮みたいなとこに住んでます。家から職場まで馬鹿みたいに遠いです。毎日心を殺して満員電車に揺られています。あれ、どう考えても人間の乗り物ジャナイ。

 

入社から3週間経過し、ようやく新しい環境にも慣れてきました。

ガチガチのビジネスマナー!!!

よくわかんないグループワーク!!!

イマイチ馴染めない同期との関係!!!

家に帰ったら疲れてるから家事をして寝るだけ!!!

資格勉強! 課題! 飲み会! 人付き合い!

×平日5日 ×4.5週 ×40年 !!!

 

やべえ、このまま人生終わりそう

 

休みの日に自己投資を~とか、自己実現は副業でしよう~とか、いろいろ考えてましたが、正直かなり考えが甘かったです。割と普通に、『自立して生きる』という行為をこなすだけで精一杯。

しかし今のところ定時で帰れていることもあり、土日に活動できるだけの体力は残ってはいます。

ただ、大きな悩みが一つ。

何を頑張るべきなのか分からない

 

 

問題点:生命力の低さ

以前から薄々感付いていたが、僕は人より体力がないらしい。

普通の人の体力を10とすると、たぶん自分は8くらいしかない。

そしてその体力のうち、平日の仕事というものは6くらいの体力を奪っていく

普通の人の場合、10-6で残りの体力は4。この4の体力を、土日で上手く『遊び』と『自学』に分けている。

しかし自分の場合、8-6で土日に残された体力が残り2しかない。

人より少ないこの2の体力をどう使うか、これにかなり迷っている。

もし仮に、残りの体力を遊びに全振りするとこうなる。

僕は遊び下手である。これといった趣味もないため、いつも人との会話に困る。

しかし遊びに全振りすれば、少しはマシになるだろう。ゲームでも映画でも読書でも何でも、人より時間をかけたものは魅力的な強みになる。人間関係も円滑になるかもしれない。

しかし、それでもまだ普通の人間の遊び量には足りない。オタク趣味をするにしてもせいぜい『少し詳しい』程度で、会話のネタに困らなくなるくらいだろう。

一方で仕事に関しては自己投資をしないため、これ以上の成長は期待できない。大した活躍もないまま、仕事を必死にこなすだけで終わってしまうだろう。

遊ぶことで自分の人生は少し楽しくなるかもしれないが、ただの無能な凡人として人生を終える可能性が極めて高い。

次に、残り体力を自分磨き、自己投資に全振りした場合を考えてみる。

遊び時間を極限まで減らすことで、自分の非力な生命力でも相手より優れたスペックを手に入れられそうな気がする。

しかし遊びをなくすことで、周囲の人間からは関わりにくい人間と思われるかもしれない。(すでに若干思われているが)

そしてもう一つ気になるのが、そこまでして努力した先に一体何の意味があるのか? ということ。

どこかのタイミングで急に虚しくなって、そのまま死にそうな感じがする。

 

遊びと自己投資の両立

遊びをすると仕事で遅れ、

仕事をすると遊びで遅れる。

この問題の解決策として、僕は少し前から、遊びと勉強の両立化というものを目指している。

自分の興味があることで遊びながら学び、それをマネタイズすることで自分の成長につなげる。そしてまた稼いだお金で遊ぶ。

このブログもその試みの一つである。

趣味としてブログをしているが、色々と学びも多い。この経験が意外なところで役立ったりもしている。

ブログに限らずプログラミングや文章力についても、このまま伸ばして何か別のことに活用したいと思っている。

遊びと勉強を切り離すのではなく、効率よく二つ同時にこなす。これにより人より少ない体力でも、遊びと仕事の両方で勝つ……

はずだった。

 

両立ではなくただの中途半端

しかし今どうなっているかというと、結局全てが上手くかみ合わず、何もかもが中途半端になっている。

ブログを書いたはいいけど匿名だから人に言えない

中途半端にいろいろなものに手を出しては、成果が出る前に辞めている

長期的なスパンで努力したいが、何を頑張ればうまくいくのかわからない

プログラミングをもっと学んでwebサービスを作る!!
小説を書いてみる!
新しいアフィリエイトサイト作る!

候補はいろいろあるが、時間をかけて努力した先に何も得られなかったらどうしよう、という不安がつきまとう。

そして周りを見渡せば、自分よりはるかに優れた人間が腐るほどいる。

体力の話をしたが、世の中には体力が10の人間もいれば20の人間もいる。

そもそも普通の人間は遊びを体力の回復と捉えているし、仕事を遊びと捉えている人間もいる。

そんな中で自分がどう結果をだそうと考えていると、考えれば考えるほど、無駄な時間は許されないというような発想に行き着く。

大きな成功を狙って一からwebサービス作るか? ……いや、時間がかかるし上手くいかなかったらどうしよう。

確実な成果を得られそうなアフィリエイトをコツコツやるか? ……いや、それでは技術面が身に付かないし上手くいってもあまり生活が変わらない気がする……。

なんていちいち考えてしまう。

周りはどんどん先に進んでいる。自分もそろそろ人に自慢できる結果が欲しい。そのために必要な努力として、自分の最適解は何だろう? ……もう出遅れたくない。失敗したくない。早く胸を張って生きたい。そんな焦りが逆に自分の身動きを封じてしまう。

そもそも、結果は欲しいが特にやりたいことがないというのが一番の欠陥のような気がする。

自分の行動には何の主義もない。ただ結果を出したい、評価されたいという思いがあるだけで、特に何かをしたいとかが何もない。

具体的な軸がない。だから安易に最適解を求めてしまい、身動きがとれなくなってしまっているような気がする。

 

焦って結果を求め過ぎない

このままだと社畜なだけで一生が終わる!

何か胸を張れる強みが欲しい!

 

色々な焦りはあるが、いま空回りしている感があるので、ひとまず落ち着こうと思う。

とりあえず自分の中で、2年という結果が出なくても気にしない期間をもうけることにした。

2年後だと自分は25歳になる。そのときに何か一つでも胸を張れる強みができているようにしたい。

そこから逆算して、今は焦らず少しずつ、色々なインプットでもしようかと思う。

 

とりあえず思考がまとまったのでここで終了。

具体的に何するかとかはまた今度考える。

 

 

コメント