ねくおた

アイドルとヒーローは同じ? 見えてきた7つの共通点

アイドルとヒーローは同じ? 見えてきた7つの共通点

calendar

reload

ヒーローとアイドル。この二つはとても似ている。

アベンジャーズ、ラブライブ!、マクロス。スーパーマンにももクロにウルトラマン……

いろいろなヒーローとアイドルを比較して、見えてきた7つの共通点とは!


目次

〇そもそもヒーローとは? アイドルとは?

〇共通点
1. 人を救う
2. 才能
3. 自己犠牲
4. 一般市民の存在
5. 孤独
6. 理想の追求
7. 二面性

〇最後に

 

 

スポンサーリンク

そもそもヒーローとは? アイドルとは?

ヒーローとは何か。そしてアイドルとは何か。

単純そうに見えて、これを説明するのが結構難しい。

アイドルとヒーローの共通点を紹介するのに、そもそもの定義があやふやだったら始まりません。

いろいろと解釈の違いはあると思いますが、この記事では、アイドルとヒーローの定義を

アイドル: 歌やダンスで人々を魅了するキラキラした人

ヒーロー: 正義の心を胸に抱き、悪に立ち向かおうとするカッコいい人

ということにします。

アイドルはAKBとかももクロとか、アニメで言うとμ’s とかマクロスのヒロインとか。

ヒーローはアベンジャーズとか仮面ライダーとか、ウルトラマンとかアンパンマンとか……。

とにかく一般的に多くの人が共通して思い浮べるヒーローアイドルの共通点を探っていこうと思います。

 

共通点

共通点1: 人を救う

やはりアイドルにしろヒーローにしろ、欠かせない要素が人を救うということ。

アイドルは歌やダンスで人々を笑顔にし、
ヒーローは敵を倒して社会に平和をもたらします。

方法は違えど、人々を救うアイドルとヒーロー。

どちらも人々の希望であり、そして憧れの存在なのです。

 

共通点2: 才能

人々に希望を与えるアイドルとヒーロー。

ではなぜ、アイドルとヒーローは人々を救うことが出来るのでしょうか。

はっきり言ってしまうと、それは才能です。

アイドルの中には普通の女の子もいます。
ヒーローにだって弱っちい奴もいます。

しかし、人々を救い、希望を与える存在である以上、どんなアイドルにもヒーローにも、常人には到底持ち合わせていないような才能を持っているものです。

・なぜか人を惹きつける才能
・純粋にルックスがいいという才能
・特殊能力という才能
・いかなる状況でも絶対にくじけない才能

↑こうした才能の要素が強ければ強いほど、アイドルはよりアイドルらしく、ヒーローはよりヒーローらしい存在になるのです。

 

共通点3: 自己犠牲

『アイドルもヒーローも常人にはない才能を持つ』と書きましたが、才能を持つことは、必ずしもいいことばかりではありません。

才能を持つことによる責任感、才能を持つがゆえの義務というものがアイドルとヒーローを苦しめます。

大いなる力には、大いなる責任が伴う

ベンおじさん(スパイダーマンに登場)の言葉

人を笑顔に出来るアイドルにとって、何もしないことは、人を不幸にすることを意味します。

人を助けることが出来るヒーロにとって、何もしないことは、人を見殺しにすることを意味します。

 

才能を持つアイドルとヒーローには、常にこうした義務感というものが生じているのです。

だからアイドルはアイドルとして、アイドルの枷から逃れることは出来ないのです。
だからヒーローはヒーローである限り、ヒーローとして傷つくことから逃れられないのです。

 

共通点4: 一般市民の存在

アイドルにとってのファンの存在と、ヒーローにとっての一般市民の存在は似ていると思います。

どちらもヒーローやアイドルに救われるという立場であることもそうですが、共通点はそれだけではありません。

アイドル好きのファンも、ヒーローに救われる人々も、アイドルやヒーローに対して理想を抱いているという点でも共通しています。

希望であり、憧れでもあるアイドル、そしてヒーロー。

人々は自分の抱く理想像をアイドルやヒーローに当てはめ、そして応援をしています。

救われる立場である一般の人々ですが、彼らの抱く期待と、そしてそれによって生じる応援が、ときにアイドルを励ましたり、ヒーローを勇気づけたりもするのです。

 

共通点5: 孤独

多くの人々から信頼や尊敬を受けるアイドル、ヒーローですが、一方で彼らは孤独でもあります。

なぜなら、アイドル、ヒーローとは、不特定多数の存在を等しく助ける存在であるべきだからです。

『アイドルは恋愛禁止』
これはアイドル界の鉄の掟として存在しています。

アイドルにとっての恋人を作ること。これはすなわち、笑顔にする人間の優先順位をつけることと同義です。

さらに、アイドルがファンにとっての理想像(特に異性としての理想)であるため、恋人の存在はアイドルとしての根本を揺るがすのです。

 

一方で、ヒーローも恋愛は上手くいかないパターンが多いです。

アイドルと同じく、ヒーローが優先順位の上位に恋人を位置づけることは、自己犠牲の精神に反し、才能を持つ責任を果たすことに反します。

恋人をとるか市民をとるか。

そうした葛藤に苦しみ、ヒーローとしての責任に追い込まれ、結局人助けを優先して恋人とは上手くいかない……。

 

アイドルもヒーローも、個人的な都合は後回しになりがちなのです。

 

共通点6: 理想の追求

『人々はアイドルとヒーローに理想を抱く』

そう書きましたが、だからといってアイドルやヒーローが完璧な存在であるかというとそうではありません。

人間である以上、完璧であることはありえない。

むしろアイドルやヒーローは、普通の人よりも理想と現実のギャップに苦しんでいる場合が多いです。

人々の理想を裏切らないために、そして人々を救い、笑顔にするために、アイドルとヒーロ―は裏で孤独な戦いを続けているのです。

 

 

共通点7: 二面性

アイドルにもヒーローにも、表の顔と裏の顔があります。

アイドルにとっての表の顔は、ファンを前にしたときのキラキラした顔です。

しかし一方でアイドルは、ファンの見ていないところで必死の努力を重ねています。

 

ヒーローにとっての表の顔は、カッコよく市民を救ったり、敵を倒したりする姿でしょう。

一方で、裏でのヒーローは苦悩しています。

追い求める正義が揺らいだり。救えない人がいたり。

理想と現実のギャップを埋める戦いを、アイドルと同じくヒーローも人知れずおこなっているのです。

 

最後に

僕はヒーローものが好きです。

そして最近『ラブライブ!』にハマり始め、アイドルとヒーローは本質的には同じだということに気が付きました。

この記事をきっかけにして、ヒーロー好きの方がアイドルの魅力に気が付いたり、逆にアイドル好きの方がヒーローに興味を持つきっかけになればいいなあと思っています。

ヒーローもアイドルもその他のジャンルも、幅ひろーく応援していきたいなあと思っております。

 

 

画像引用
©2013 プロジェクトラブライブ!
©MARVEL


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す