ねくおた

【アニメ化】 とんかつDJアゲ太郎がアツい

【アニメ化】 とんかつDJアゲ太郎がアツい

calendar

reload

とんかつとDJ……

まったく異なる二つの要素が、奇跡の化学反応を生む。


スポンサーリンク

原作は少年ジャンプ+

2014年9月から連載がスタートした本作品。

少年ジャンプ+ 『とんかつDJアゲ太郎』

その奇抜なタイトルとゆるーいイラストから
「え、何それ? ふざけてんの?」
と、不審に思った人も多いと思います。

しかし、初見の印象であなどることなかれ。
この漫画、ギャグ漫画としてもDJ漫画としてもとんかつ漫画としても(?)かなり完成度が高いです。

 

まずはあらすじ

東京・渋谷の片隅にある一軒のとんかつ屋「しぶかつ」の3代目・勝又揚太郎は、家業のとんかつ屋を手伝っているものの、本腰を入れることもなく、日々をダラダラ過ごしていた。

そんなある日の閉店間もない頃、出前を任された揚太郎が届けた場所は、一軒のクラブだった!

町内会の盆踊り大会よりも自由度が高く、ストレスフリーな空間の虜になった揚太郎は、クラブカルチャーにどっぷりとつかり始める中、とんかつ屋とDJとの共通点を発見し…!?

ABOUT |とんかつDJアゲ太郎 より

では、本作品の魅力とは何か。

ポイント① サクサク読めるが満足感はとんかつ級

原作はweb漫画ということもあり、読者を飽きさせないようにテンポ良く物語が進行していきます。

大まかな話のながれは主人公がクラブカルチャーに影響を受け、そして一流のDJを目指すというもの。

……と、ここまではよくある王道の展開なのですが、ここにやたらととんかつの要素が話に入り込んでくるんです。

「俺には野球しかねえんだ!」
とか、
「○○王に俺はなる!」
とか、

一つの目標を目指してまっすぐ突き進むのが、主人公の一般的な姿であり魅力です。

しかし、揚太郎は違います。

なんと一流のDJ一流のとんかつ職人同時に目指すんです。

二足のわらじを履くという、過酷な道を選択した揚太郎。

とんかつ屋とDJって同じなのか!!!???

コミックス一巻より

とんかつとDJの両立。この設定が、痛快なギャグとして機能しているのは言うまでもありません。
しかし、それだけではないんです。しっかりと作品のテーマにも繋がっていきまます。

とんかつとDJの両立。これは、言い換えると趣味と仕事の両立なんです。

やりたいこととやらなければいけないこと、これをどう両立するか

そんなテーマがこの作品にはあるように感じました。

始めはとんかつに興味もなく、無気力な日々を送っていた揚太郎。しかしDJになることを目指してから、揚太郎のとんかつに対する思いも変化していきます。

仕事が忙しくても趣味はしっかりやりたい!
勉強と部活、どちらも頂点を目指すんだ!

そうお考えのあなたは、きっと揚太郎に共感し、応援したくなるはずです。

 

ポイント② やたらとアツい

本作品を読みながら、途中僕が思ったこと。

「これ、めちゃくちゃ王道やん」

出版社が集英社だからかは知りませんが、所々の展開が超アツい。邪道でカオスな設定ですが、ストーリーは時に直球ど真ん中。

それも、

努力・友情・勝利

です。

一流のDJを目指す揚太郎。その道のりは険しく、様々な試練が揚太郎を襲います。

  • 超上手いライバルの登場
  • 思わぬアクシデント、イベント存続の危機
  • スランプ

越えなければならない高い壁を前を超えようと、揚太郎は必死に努力をします。

そして考えるのです。

「何か打開策はないか……」

よくある王道の主人公のピンチ。そして王道でよくあるように、主人公は少しのきっかけを基に、壁を乗り越えていくのです。

少しのきっかけ……

それはやはりとんかつです(笑)

 

アニメ化

邪道のようで王道、そんな『とんかつDJアゲ太郎』が、2016年4月にアニメ化するそうです。

揚太郎がどんな風に動くのか、そしてどんなDJを披露してくれるのか、かなり楽しみです。

漫画の方は、少年ジャンプ+ で最初と最新の部分を読むことが出来ます。

 

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す