ラブライブ!サンシャイン 【12話感想】 ついに神になったμ’s穂乃果

アニメ・漫画
スポンサーリンク

 

いやー12話よかったです。

ついに目標がはっきり定まり、Aqoursが本当の意味で一つになった気がしました。

穂乃果の化身(?)も登場して、かなり内容が濃く感じました。


12話『はばたきのとき』感想

Aqours予選突破!

やりました。0票からの大進歩です。

地方予選ということで、地域密着型で活動していたAqoursは有利に戦えたのでしょう。

PVの再生回数も増え始めたようで、これで全国区での人気もじわじわ伸びていくのだと思います。

 

ファンも増えた!

道ばたでサインを求められる果南や曜。

ようやくアイドルらしくなってきました。

ただ、気になる点が一つ。

千歌のファンっているの?

入りたてのダイヤならまだしも、初期メンバーでセンターの千歌が、未だに全く注目されてない気がします。

12話であったファンとの絡みシーンでも、千歌は誰にも絡まれることなく、一歩引いたところで全体を見渡していました。

メンバーの中で一番個性の薄い千歌。

ただ、そんな千歌の地味さが個人的には好きだったりします。

 

入学希望者は未だ0

ライブが成功したからといって、学校の人気には繋がらないのが厳しいところ。

東京にある音ノ木坂とは違い、地方の浦の星女学院はそもそも人が少ないのでしょう。

おまけに田舎なのに女子高って、そりゃあ人が集まらないのは当然といえば当然。

ただ、それを言い訳にしないのが千歌のいいところ。

それを分かった上で、私たちはスクールアイドルをやっているんだもん

とはいえ、どうすれば浦の星の廃校を阻止出来るのか。

具体的なビジョンが全く見えない。

 

ようやく一つになったAqours

9話で9人になったAqoursですが、それぞれが抱く思いは、割とバラバラなものでした。

千歌: 普通から脱却して輝きたい!

梨子: 輝いていたかつての自分を取り戻したい!

曜:  千歌と一緒に何かを成し遂げたい!

ルビィ: 憧れていたアイドルになりたい!

ダイヤ: 憧れていたアイドルになりたい!

花丸: 本の世界から飛び出して好きな事やりたい!

喜子: 自分の好きな事を貫きたい!

鞠莉: 果南をなんとかしたい!

果南: 鞠莉をなんとかしたい!

このように、バラバラだった9人の想い。

ですが、12話の時点で、それぞれの想いは割と叶ってます

スクールアイドルを通して、それぞれの想いが割と満たされた9人。

その9人にとって、今一番実現したい目標が、

『廃校を阻止する』『0を1にする』

ということなのでしょう。今回でようやく9人全員の目指す先が一つに定まり、本当の意味で一つにまとまったのです。

ここが取りあえず、『ラブライブサンシャイン1期』のゴール地点なのかなあと感じました。

これは2期あるでしょ。絶対。

 

 

考察 高坂穂乃果という神

考察というほどでもないですが、Aqoursにとってのμ’s、千歌にとっての穂乃果について。

一言で言うと、それは

12話では、まさにμ’sを神であるかのように見せる演出がたくさんありました。

 

音ノ木坂の守り神μ’s

μ’sゆかりの神社を参拝するAqours。その後、μ’sの母校である音ノ木坂へ。

長い長い階段を上った先にある音ノ木坂学院は、かなりの貫禄がありました。

『μ’sが守った学校』

μ’sに強い憧れを抱くAqoursにとっては神社と同等の、いやむしろそれ以上の神々しさを感じたのかもしれません。

視聴者側としても、μ’s時代に見慣れた音ノ木坂学院とは、かなり違った印象がありました。

 

Aqoursの前に現れた神の使い

「もしかして、スクールアイドル(μ’s信者)の方ですか?」

そう言って現れたのは、花陽と凛を足して2で割ったような謎の美少女。

kaminosisya

「そういう人(μ’sの参拝に来る人)多いですよ」
「ここには、何も残ってなくて……」

スクールアイドル(参拝者)である9人に、丁寧にμ’s(神)の説明をしてくれる謎の美少女。

巫女のようなスピリチュアルな何かを感じます。

 

そして光臨する神の化身

必死にμ’sの後を追う千歌たち9人。

そんな9人に答えを示すかのように、謎の幼女が姿を現す。

god_honoka

この流れからすると、どう見ても謎の幼女は穂乃果(神の化身)にしか見えません。

そして何かを感づいたのか、謎の幼女を見て神妙な面持ちをする千歌。

そして感謝の気持ちを込めるように、学校に向かって全員で一礼。

それを見て、意味深な笑みを浮かべる謎の美少女。

千歌が顔を上げると、謎の幼女も謎の美少女もいない。

それに気が付き、意味深な笑みを浮かべる千歌。

(流れる神々しいBGM……)

 

……うーん、スピリチュアル。

 

何かに気が付いた千歌

神の化身と出会い、μ’sの本質に気が付いた千歌。

μ’sの本質。それは、「無邪気でまっすぐなこと」

μ’sみたいに輝くってことは、μ’sの背中を追いかけることじゃない。

自由に走るってことなんじゃないかな

μ’sに近づくために、敢えてμ’sを摸倣しない道を選んだAqoursの9人。

μ’sのポスターを外したところからも、その決意の強さがうかがえます。

穂乃果を目指して穂乃果と違う道を選ぶ千歌。

 

それはまるで、神に憧れる堕天使が別の道に進むよう(適当)

……いや、醜いアヒルの子が、アヒルじゃなくて白鳥を……(何か違う)

……いや、野球漫画でいう、弱小校が強豪校の真似をせず独自の……

……

……

とにかく良かったです!

 

(だめだ。せっかくここまで書いたのに、良い例えが浮かびませんでした。

作品と神話を結びつけるカッコイイ考察をやりたかったのですが、僕の勉強不足です。すみません)

 


画像引用:©2016 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

コメント