甲鉄城のカバネリ 【4話感想】 生駒! 新しい血よ!

アニメ・漫画

毎話、安定して面白いカバネリ。

この4話で皆のわだかまりも消え、ようやくひと段落といったところでしょうか。


4話『流れる血潮』 あらすじ

生駒と無名は民衆によって最後尾車両に閉じ込められてしまう。
それは甲鉄城の戦力の弱体化を意味していた。
ちょうどそこにカバネが襲ってくる。
しかも中には、戦いを重ねて強くなったカバネ――ワザトリがいて……。

公式サイトより

 

感想

おまんじゅうが食べたいなあ

160506-0102430089

毎回思うけど、菖蒲さまの前髪の作画が良い。

 

人が死に過ぎ!

無能モブキャラによってピンチに陥った今回。Aパートから大惨事でした。

「7両目から後ろはもうだめだ!」

それにしても、甲鉄城には何人の人が乗っているのだろう。たくさん人が死にましたが、まだまだ生存者は結構いそうです。

 

来栖、意外と有能

3話まで、毎回視聴者をイライラさせてくれる武士たちでしたが、今回は少し見直しました。

来栖たち普通の人間も割と頑張っています。

不死身で無敵かと思われたカバネリですが、割と普通の攻撃も利いているようです。
(ベースは人間だしね)

しぶしぶ生駒を認め、手を挙げるシーンもよかったですね。

 

血を飲んで元気100倍!

血を求めて動き回るカバネ。カバネリも、それと似たようなものなのでしょう。

なんだかゾンビというよりは吸血鬼が思い浮かびます。

菖蒲が血を差し出すシーンなんかは綺麗で印象的だったのですが、今後も『飲血シーン』は映し出されるのでしょうか。

菖蒲さまならまだいいですが、生駒が逞生の血を飲むシーンなんかは、あんまりみたくないです……。

 

 

甲鉄城のカバネリ 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

 

今後の展開を予想する

円盤でいうと1巻分が終わった『カバネリ』ですが、気になってくるのは、今後物語がどの方向に向かっていくかということです。

というわけで、適当にですが、これからの展開をざっくり予想してみます。

 

最終目標は金剛郭到達?

1クールしかないことを考えると、金剛郭に到達するまでで終了してしまうのではないでしょうか。

というかそれ以前に、生駒が金剛郭内で活躍するという展開が想像できません。
(人類の本当の敵はカバネを生み出した人類! なんて展開ならまた別ですが)

なので、今後の流れとしては、

途中の駅で休む

新キャラ登場
強いカバネリ登場
アクシデント発生

みんなで協力して解決
仲間が増えたり減ったりする

また新しい駅へ

上の展開を繰り返すような感じになるんじゃないでしょうか。

そしてその途中で伏線をはりつつも、回収しないで二期を匂わせて終了。なんていうよくあるいやらしいパターンで終わるような気がします。

まあ、ポテンシャルの高いカバネリなら、これでも十分に面白いとは思いますが、これではヒット作にはならないと思います。

僕としては、予想を裏切るような大胆な展開、結末を用意しておいて欲しいところですね。(何様だよ)

 

生駒の妹は無名……ではない?

OPの感じといい、生駒が過去を語ったときの意味深な無名の表情といい、「あれ、生駒の妹って実は無名じゃ……」と、考えた人もいるかと思います。

僕も最初は『無名=生駒の妹説』で考察しようかと思ったのですが、やめました。

・OPの妹と無名を重ねる演出
・OPで生駒の持つ石に触れる無名
・生駒の不確かな記憶
・よくある話だよ……(悲しそうな無名の顔)

などと、いろいろとそれらしき根拠はありますが、敢えてそれにはのりません。

反対意見に転じた理由を箇条書きで書きます。

・生駒の妹と、無名のキャラが全然違う。
・無名の言う『あにさま』の存在
・無名が生駒の妹なら、わざわざ正体を隠す必要がない

そしてもう一つ
・自分で気が付いた仮説じゃないから

他のサイトなどを見てから気が付いた仮説を、自分の手柄のように書くのはなんだか気が引けました。
(それで当たっても面白くないしね)

なので、僕は敢えて裏の裏をかきたいと思います。

それは……!

 

……

 

……やっぱり言うのを止めておきます
(思いつかなかった)

 


甲鉄城のカバネリ ORIGINAL SOUNDTRACK

 

まだまだ失速する気配をみせないカバネリ。ここまでが面白いだけに、これからの展開が少し不安でもあります。

まあ何にせよ、これからも気楽に感想を書いていくつもりです。

画像引用:©カバネリ製作委員会

 


コメント